タイムライン
ライン=線、とは点と点の距離である。
つまり時間は距離によって表すことができる。
時計は針が進んだ距離で時間を表す。
一定の速度で進む物体の時間は進んだ距離でわかる。おはじきだ。
「あゆみ」は舞台上を歩き続ける。
その方向を制御する。
すると舞台上に正の方向が発生する。反対側はもちろん負の方向。
さらには、その方向に歩き続ければ現在、走れば未来、戻れば過去というルールが自ずと出来上がる。
この効果を利用すれば時間軸を操ることができる。
しかもワープの感覚ではなく、タイムライン=道を行き来する感覚で、である。
この感覚は、多くのタイムトラベルが与えるパラレルワールド的なそれとは違う。
過去も未来もそれほど遠くは感じない。
それらはかつて通った道であるし、これから通る道でしかない。
[PR]
by toi-zuqnz | 2008-04-16 14:28 | あゆみめも
<< 参考作品 人間が一生に歩く距離 >>