歩行とBPM
音楽PVに歩きながら歌う映像が多いのはBPMに関係がある。
歩行に音楽のテンポを合わせればそれだけで楽曲とマッチした映像が出来上がる。
その映像はダンスほど強い主張を持たず、潜在的に我々の音感を刺激する。
ダンスが「特権的肉体」ならば、歩行は「日常的肉体」に訴えかける。
真似できないダンスには魅了され、誰でもできる歩行には手触りを感じるのだ。
[PR]
by toi-zuqnz | 2008-04-16 14:26 | あゆみめも
<< アイデア一点突破型創作法 なぜ「走る」ではなく「歩く」なのか >>